<PR☆>
起業系blog大集合!!人気blogランキング ベンチャーブログ>

2006年01月15日

エリート教育についての日記


エリート教育のための全寮制の中高一貫校の男子校の設立が検討されている
そうですね。


既にそういった類のものは存在しているが、よりガリベンエリート教育
に徹底した学校となる予定とのこと。

国際競争を考えるとエリート教育は必須であることは間違いないと思うし、
それによって経済の二極化が起こるのも時代の流れとしてやむを得ないとも
思います。

しかし何をもってエリートと判断しているのでしょうか?
結局は義務教育で教えられる学問ができるできないでエリートと表現されて
いくようになるのでしょうけど。

私は義務教育での勉強というのは頭の筋トレだと捉えています。
そういう意味では勉強ができる人というのは理解力や暗記力が早く、それに
よって行動に結びつくケースが多いのは現実です。

また、エリート教育の中にはリーダー養成という意味合いも含まれるそうです。
これに関してはリーダーって教えられて作り上げられるものなのかな〜という
疑問が生じますね。

これに付随して教師の質の問題も取り上げられていますが、塾>私立>公立
という認識が(特に都心部では)一般的です。

有名私立校と世間で言われてるところは優れた教師も存在すると思いますが、
教育学部に在籍していた私の知る限りでは、公立=教員採用試験突破
私立=コネという感じだったのですが・・・。

でも、私立の方が教育環境は整っているということは確かのようです。
なぜなら文部科学省に勤務されている方でも自分の子供は私立に入れている
そうですからね(呆笑)。


エリート教育校に戻りますが、この存在価値については賛否両論ありますが基本的
には必要でしょうね。 しかし学費がベラボーに高いらしいです。
これには大反対ですね。

奨学金制度があるにせよ、実質的にボンボン裕福層の子供だけに機会が
与えられるのは許せませんね。
税金で全てを運営するわけではありませんから、学校も自立したお金は必要になる
でしょうけど機会は平等に与えるべきでしょう。
まあ今更ですけど・・・。

起業系ブログは人気blogランキング と ベンチャーブログを御覧下さい。
記事を読んだら↑応援クリックお願いします(_ _)/


posted by 南人 at 11:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

常識についての日記


壁を感じるときや行き詰る時というのはだいたい常識に縛られている時です。

成功例よりも失敗例の方が確実に多くの情報が溢れています。

そもそも常識というのは何でしょうか?

法律は守らなければなりません。
慣習もある程度は尊重するべきでしょう。

それ以外は自分の経験や情報によってそれぞれ個々に形成されるものであると
思います。
長く生きている方でも自分の経験や持っている情報からしか判断できません。


リスペクトする人の意見は聞くべきだと思います。
それ以外はあまり意味がないものだと捉えるぐらいで調度いいでしょう。

我慢できる範囲なら問題ありませんが、病気になったり体や心に異変が生じた
りした場合は常識ってものを疑ってみると意外と道が開けるものです。

法律としての常識、慣習としての常識、個人のエゴとしての常識というのが
鮮明になれば、行動を起こすのは簡単なことです。

起業系ブログは人気blogランキング と にほんブログ村 ベンチャーブログを御覧下さい。
記事を読んだら↑応援クリックお願いします(_ _)/


posted by 南人 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

ニートについての日記A


前回のニートについての日記でも書きましたが、個人的にはニートは全然悪い
と思っていません。


苦しんでいる方は周囲の雑音は一切無視しましょう。

もしそろそろ動きたいと考えてる方には思い切って


環境を変えてみること


をオススメします。

環境が変わると気分が変わります。
環境を変えることは逃げでも何でもありません。
第一歩を踏み出す場合はただの選択肢の1つです。
ちょっと動いてみればその選択肢の多さに気付くはずです。

例えばリゾートバイトって知ってますか?

全国各地の主に観光地で住み込みのバイトを紹介してくれます。
ちょっと敬遠する方もいらっしゃいますが、友達は簡単にできますし、
仕事も必然的にするようになります。

こういうバイトをしている方は色々な方がいて面白いですよ。
また色々な方がいるっていうのを知っている方が多いので、変な偏見を持って
いないで気がいい方が多いですね。

1回応募するだけで↓目の前の世界が変わりますよ。
リゾートバイトを探すならリゾバ.com


また、1つずつ階段を登って自信をつけていくというのもいいですね。
私は大学中退後この手段をとりました。

どんなバイトでも以外をやれるものです。
大変そうに見えてもやってみると楽しかったり、楽だったりします。
大変な仕事もたまにありますけど、それをすることによって神経がボロボロに
なってどうしようもなくなったという経験は


1回もありません。


自分中での1つのコンテンツとして経験が蓄積されるだけです。

まずは気軽に↓安心のこういうところから始めるのがいいでしょうね。
エントリーしてバイトする♪モバイトドットコム♪


他にとにかくお金を稼ぎたい場合は

短期でガッチリ稼ぎたい方に最適!新薬モニターアルバイト

もいいでしょう。

もちろん保障はできませんが、学生時代に寮に住んでいた頃にやっていた人は
いっぱいいました。
その中で副作用がでたって人は1人もいませんでしたよ。

楽で簡単に稼げるバイトの定番という感じでした。

日本最大級の新薬モニター情報サイト
新薬ネット なら国の定めた安全基準をクリアーしているので
安心ですよ。


今回紹介したものは新しい1歩を踏み出すときにどうぞ利用してみて下さい。
とりあえず体験するとこだわっていたことが解けて可能性が見えてきたりしますよ。



        

           

起業系ブログは人気blogランキングにほんブログ村 ベンチャーブログを御覧下さい。


posted by 南人 at 15:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートについての日記


ニート・・・



この言葉が定着してしまったのはいつからでしょうか?
ちょっと前まではフリーターの中にニートも含まれていたので、フリーター
が無職、アルバイターの象徴的言葉でした。

その中でフリーターの中にも頑張って生きている人がたくさんいるという世論
に押されて、フリーターの中からニートという言葉が独立して生まれたのでしょう。


色々な意見が飛び交っていますが、個人的には


ニートは全然悪いと思いません。


理由は簡単です。


働いてる方が偉いと思わないからです。


我慢して面白くない仕事をこなしている方ほどニートを批判する傾向がある
ように思います。


仕事で成果を出している方は仕事を楽しんでいます。

楽しさの基準は人それぞれなのですから、面白くない仕事をするのが嫌だから
働かないというのは一概に間違いとは言えないのではないでしょうか?


誰だって嫌なことは嫌ですからね。


教育、労働、税金が日本国民の3大義務なのは知らない方は皆無でしょう。

しかし、国家は個人の集合体です。

生きる目的を見失いがちな時代ですから、個人の好き嫌いで行動することはできない
のではないでしょうか?

個人が何の楽しみも希望も持てない国家なら何のための国家なのでしょう?


あまりニートっていう言葉に踊らされない方がいいでしょうね。
仲間内での笑い話程度に済ませましょう。


私は学生時代からバイトを掛け持ちしていて辞めたら間入れずバイトを追加
して学業そっちのけで働きまくっていました。
相当ハードな仕事もありましたが

多くはたいしたことありませんでした

バイトや派遣の仕事を4つ掛け持ちしていたこともありましたが、ニートを
見下した表現で使えるほどたいしたことしてませんでしたよ。


多くの仕事はそんなものだと思っています。


もちろん仕事に誇りや責任を持つのは素晴らしいことですし、仕事を続ける上で
必要なことです。

でもニートというカテゴリに入っていると苦しんでいる方はもっと楽観的になって
大丈夫ですよ。
労働者のくだらない優越感から生まれた言葉ですから、周りやメディアが煽るほど
深刻な問題ではありませんからね。

起業系ブログは人気blogランキングにほんブログ村 ベンチャーブログを御覧下さい。


posted by 南人 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

教師についての日記


教師・・・



ここ10年ぐらい叩かれっぱなしの存在ですね。

イジメや不登校が社会問題になって1番に世論の標的になったのが現場の
教師達です。


現実言ってしまえば実は現場の教師達は決定権もなく何も悪くないの
ですが・・・。


不思議な事に幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と上がっていくほど
幼い教師が多くなりますね。

年齢を重ねるごとにある程度規律を守るような集団になっていくわけです
から、ある意味幼稚園、小学校は無法地帯とも言えます。

その中で指揮をとっていくのですから相当な器が求められますね。


まあ現場に出ている教師達は日々試行錯誤を重ねながら努力をしている
わけですが、何かあると真っ先に叩かれます。

不条理ですよね。
もっと責任を取るべきなのはその教師を育てた大学教授だと思うのですが。

教育に携わっている大学の教授は、私の知る限りでは論理はご達者ですが
小学生より幼いと思われる方が少なからず存在しています。


そんな方に認められて教師になっても何ができるのでしょう?


大学教授もひどいものですが、その大学教授の多くが批判する国の某機関は
もっとひどいものなのでしょうか。


まあどっちにしろ上の意思がバラバラでは現場が機能しないのは当然のこと
ですね。


私らの時代もですが、その中で教育される現代の子供達はほんとに気の毒だと
思います。


教育への関心は良くも悪くも日々高まっていますが、上に上れば上がるほど
まだまだあぐらをかいている方々が存在しています。


ほんとに子供が好きで本気で子供達と向き合っている1部の現場の教師達が
気の毒ですが、残念ながら安定しているからという理由で教師という職につく
という方が大変多いのが現実です。


それを否定することはできませんが、それならそれで上が意思統一しなければ
ならないでしょうね。


民主主義とか社会主義とかは置いておいて、どの世界でも組織をまとめる
リーダーって絶対的に必要ですね。

起業系ブログは人気blogランキングにほんブログ村 ベンチャーブログを御覧下さい。


posted by 南人 at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

就職活動についての日記


就職活動・・・



この言葉を実感するようになったのは大学4年の時。

世界観を広めるために色々なことに手を出しては中途半端に終わってという状況を
繰り返しながらチンタラ過ごしてきた学生生活の終止符を打つための活動ですね。


地方の某国立大学で9割が公務員を目指すという環境の中で就職活動なるものを
行いましたが、結構楽しかった記憶があります。


なぜ楽しかったかといいうと簡単に言うと


社会人ごっこ


に無責任に自己満足していたのでしょうね。


大企業もベンチャーも内定が取れましたが、その後思うところがあって内定を
蹴って大学を休学し、そのまま中退してしまったので今では経験としてしか自分
の中には残っていません。


働き始めて、結構そのままの社会人ごっこの勢いで働き続けている方が
多いのに驚きました。


ライブドア堀江社長の著書やメディアなどでよく


起業って楽勝ですよ


と発言している本質はこういう部分が大きいのではないでしょうか。


言葉は違いますが、商売と就職ってやってることは同じなんですよね。


社会人ごっこと商売人では勝負にならないのでしょう。



大学生は言葉を良く知っています。

ディスカッションができることは凄く大きいことなんですが、その能力を
利用する方法が分からずに就職活動とやらに参加して会社にすがるのは
もったいですね。

就職活動を行うよりは↓こんなセミナーで生の起業家の声を聞くほうが大事な
気がしますね。

堀江と神原の100億稼ぐネットPRの極意!WEB・メール・ブログ徹底活用術
最強アクセスアップ方法、社長日記で稼ぎまくる秘訣など、誰でも劇的に稼げるネットPRの成功方法が明らかに!!

起業系ブログは人気blogランキングにほんブログ村 ベンチャーブログを御覧下さい。


posted by 南人 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

教育についての日記


教育・・・



読んで字のごとく教えて育てることを教育といいます、

決して教えて育つことではありません。


あくまで教える側が主体となった言葉が教育です。


言い方によっては



教育  洗脳



と同類語になりますが、これはあながち間違いではありません。


肯定的な言葉で表現することで本質を誤魔化しているという面もありますが、
そもそも考え方を一元化するのはそれほど悪いことではありません。

もちろん日本が民主主義国であるという前提があってこそのものですが・・・。



組織の中に色々な考え方がいいという意見には賛成も反対もしません。
認めるのがスタンダードだと思いますが、賛成できない理由はそれを100%認めたら、
誰も嫌なことはやらなくなるんです。


嫌なことを嫌だと思わない人がやればいいという効率的な最もらしい意見にも
賛成できません。


実際は無責任な押し付けに過ぎないからです。



現代は考え方が多用化してしまって個人の意思、興味、関心に偏りがちな気がします。

一部ならいいのですが、これがスタンダードになりつつあります。


経済と同じで思想も一般化すると価値が下落します。



逆に時代遅れと評される


努力、根性


という思想の方が価値が高くなります。



話が違う方向へいってしまいましたが、国の教育方針と逆のことを行えば
ビジネスは成功する可能性が高くなるのではないでしょうか。



理由は先ほど述べた通り、


希少価値が高まる



からです。


IT業界ってそのおかげで伸びたのではないでしょうか。
個人主義がまだ完全には浸透していない時代でしたから。

これからは時代の先取りというより、時代は繰り返すということをしっかり
分析した方がいいような気がしますね。



----------------------------------------------------
ランキングに参加しています。記事を読んだら
人気blogランキング←と
にほんブログ村 ベンチャーブログ←を
クリックしてください。御協力よろしくお願いします。
----------------------------------------------------


posted by 南人 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育についての日記(予告編)


今から教育についての映画を見てきます。


ここで言う教育とはスキルを身に着けるためのものでなくて、学校教育に
ついての教育です。


最近なぜか教育についての本を読んでいます。

やはり日本社会で生きるために義務教育が存在する限りは、いくつになっても
避けて通れない問題だと思っています。


私は教師という存在は小学校から大学に至るまで、尊敬した記憶がありません。


しかしなぜか大学時代は教育というものに囲まれる環境でした。



自分が先生と呼ばれることによって心境の変化が起こったのは言うまでもありません。


それと同時に後に教師と呼ばれる存在になる方々の実態も目にできました。


私はどういう方が教師になるのかというのを、小学校くらいから自分なりに考えて
自分なりに結論を出していました。


その結論と現実があまりにピッタリだったので、逆にがっくりしたものです。



もちろん教師にも色々な方がいらっしゃいます。

しかし様々な場所で起こっている学校教育の問題はそれで片付けていい問題
だとは思えません。

今日は映画を見て(舞台挨拶もあるらしいです)教育について考えたいと思います。


今日中に更新しますね。

posted by 南人 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_03.gif にほんブログ村 ベンチャーブログへ


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。