<PR☆>
起業系blog大集合!!人気blogランキング ベンチャーブログ>

2005年10月29日

教育についての日記


教育・・・



読んで字のごとく教えて育てることを教育といいます、

決して教えて育つことではありません。


あくまで教える側が主体となった言葉が教育です。


言い方によっては



教育  洗脳



と同類語になりますが、これはあながち間違いではありません。


肯定的な言葉で表現することで本質を誤魔化しているという面もありますが、
そもそも考え方を一元化するのはそれほど悪いことではありません。

もちろん日本が民主主義国であるという前提があってこそのものですが・・・。



組織の中に色々な考え方がいいという意見には賛成も反対もしません。
認めるのがスタンダードだと思いますが、賛成できない理由はそれを100%認めたら、
誰も嫌なことはやらなくなるんです。


嫌なことを嫌だと思わない人がやればいいという効率的な最もらしい意見にも
賛成できません。


実際は無責任な押し付けに過ぎないからです。



現代は考え方が多用化してしまって個人の意思、興味、関心に偏りがちな気がします。

一部ならいいのですが、これがスタンダードになりつつあります。


経済と同じで思想も一般化すると価値が下落します。



逆に時代遅れと評される


努力、根性


という思想の方が価値が高くなります。



話が違う方向へいってしまいましたが、国の教育方針と逆のことを行えば
ビジネスは成功する可能性が高くなるのではないでしょうか。



理由は先ほど述べた通り、


希少価値が高まる



からです。


IT業界ってそのおかげで伸びたのではないでしょうか。
個人主義がまだ完全には浸透していない時代でしたから。

これからは時代の先取りというより、時代は繰り返すということをしっかり
分析した方がいいような気がしますね。



----------------------------------------------------
ランキングに参加しています。記事を読んだら
人気blogランキング←と
にほんブログ村 ベンチャーブログ←を
クリックしてください。御協力よろしくお願いします。
----------------------------------------------------


posted by 南人 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
banner_03.gif にほんブログ村 ベンチャーブログへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。