<PR☆>
起業系blog大集合!!人気blogランキング ベンチャーブログ>

2005年10月29日

教育についての日記(予告編)


今から教育についての映画を見てきます。


ここで言う教育とはスキルを身に着けるためのものでなくて、学校教育に
ついての教育です。


最近なぜか教育についての本を読んでいます。

やはり日本社会で生きるために義務教育が存在する限りは、いくつになっても
避けて通れない問題だと思っています。


私は教師という存在は小学校から大学に至るまで、尊敬した記憶がありません。


しかしなぜか大学時代は教育というものに囲まれる環境でした。



自分が先生と呼ばれることによって心境の変化が起こったのは言うまでもありません。


それと同時に後に教師と呼ばれる存在になる方々の実態も目にできました。


私はどういう方が教師になるのかというのを、小学校くらいから自分なりに考えて
自分なりに結論を出していました。


その結論と現実があまりにピッタリだったので、逆にがっくりしたものです。



もちろん教師にも色々な方がいらっしゃいます。

しかし様々な場所で起こっている学校教育の問題はそれで片付けていい問題
だとは思えません。

今日は映画を見て(舞台挨拶もあるらしいです)教育について考えたいと思います。


今日中に更新しますね。

posted by 南人 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8729517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
banner_03.gif にほんブログ村 ベンチャーブログへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。