<PR☆>
起業系blog大集合!!人気blogランキング ベンチャーブログ>

2006年01月10日

海外サイトと日本サイトの違いについての日記


IT業界ではアメリカを筆頭に海外で流行っているものを日本に持ち込めば
流行るというのが常識になっています。

では海外のサイトと日本のサイトの大きな違いというと、ズバリ

ビジュアル

です。

海外のサイトはとにかくFlashを多様しています。
これがまた軽いんですね。
技術的に詳しいことは分かりませんが、聞いた話によるとFlashを別ファイルに
置いてXMLで取り出すという技術が用いられているようです。

XMLというと素人的にはRSSという印象が強いのですが、こういう使用法も多用
されているようです。

個人サイトでFlashというとどうしても難しい、重い、目が痛い、邪魔、
出会い系やアダルト系
という印象を持ちがちですが、海外のサイトの
状況を見ると日本でも今後Flashを使ったサイトはどんどん増えていくでしょう。

SEOの問題もありますが、Flashを使った健全なサイトが増えれば、Googleや
YAHOO!さんも対応してくれるでしょうしね。


余談ですが、ブログを書いている方のための少し面白い話を紹介します。

日本語で書いていたブログを翻訳ソフトで英語にして公開
しただけでアクセス数が急激に増えたという例があります。


考えてみればネットの世界で英語と日本語では絶対数が違いますから当然
といえば当然ですね。
その分サイトの数も莫大なので、そう考えると海外のSEOの情報って凄く
価値がありますね。

起業系ブログは人気blogランキング と ベンチャーブログを御覧下さい。
記事を読んだら↑応援クリックお願いします(_ _)/


posted by 南人 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11523394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
banner_03.gif にほんブログ村 ベンチャーブログへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。